デイトレードとは、一日で株の「買い」と「売り」を行い、株の売買を完結させてしまう取引のことをいうんです。 つまり、購入した株(ネットでのトレードが主流となっていますね)は翌日まで持ち越したりしません。 その日のうちに損益を確定させます。 デイトレード(すぐに結果が出るのも魅力の一つでしょう)で取引を行う場合は、少しでも損失を出さないよう、わずかでも値上がりしたらそのタイミングを逃さずに、すかさず売りを行います。 そうすることによって、利益を積み重ねていくだと言えます。 デイトレード(すぐに結果が出るのも魅力の一つでしょう)では、たった一円、2円の値上がりでも、利益を確定させることが必要となるでしょう。 そのため、一日かけて決済を行う事もあれば、数分で決済を行うこともあります。 以前であるなら、このような短期売買の取引は難しかったのですが、インターネット(パソコンに限らず、携帯やテレビなんかでも楽しむことができますね)証券会社が普及し、株価がリアルタイムでチェックできるようになった為に可能となりました。 ただ、1日中、株価のチェックや売買ができる環境になければ、非常に難しい投資法でもありますね。 ちなみに、デイトレードをしている投資家(ウォーレン・バフェット、竹田和平、澤上篤人、ジョージ・ソロス、ジム・ロジャースなどが有名ですね)は、「デイトレーダー」と呼ばれているでしょうねー